ヤマハそしてフルートマスターズ。
一人で全ての工程を担当し1本の楽器を作り上げる作業形態の中で、
心を込めてフルートを製作してまいりました。
その数は優に1600本を超えます。
少しでも良い物を、少しでも美しく。
そして答えの見えない「良い楽器とは」の問い。
その中でゴールの無い積み重ねの日々を歩み続けて45年。
ついにオリジナルブランドを立ち上げました。
しかし、この道にまだまだ終わりは見えません。
今居る場所は、現在の最終到達点であると同時にまだまだ道半ばなのです。
トヨダフルートは常に、今出来る最高の物を形にいたします。



ヤマハ株式会社において22年間フルート製作に従事、一人による完全製作というプランのため5人の製作スタッフの中に抜擢される。
研鑽を続ける中、ドイツA.A先生の推薦もあり同社ハンドメイド頭部管製作のすべてを担当することとなった。
その数2000本を超える製作本数となっています。楽器本体も退社するまでに1000本に届かないまでも多くのハンドメイドフルートを製作。
42歳で退社後、ともに活動してきた3人の技術者とフルートマスターズ設立 研鑽を重ねた技術をさらに鍛えながらハンドメイドフルート製作。
日本の著名なプレーヤーと係り、演奏者から見た楽器製作に対する考えを学ぶこととなり、製作者としてさらに引き上げてもらう。
併せて後進スタッフの指導を重ねてきたものの腱鞘炎の悪化に伴い、ヤマハ在職時と併せ45年の活動に終止符を打った。
退社後約半年たったころ腱鞘炎の回復が見られたことで新たに開業届を提出。
回復経過も含め、設備構築準備に約1年を要したが、頭部管の販売を開始。
胴体の製作準備にさらに1年を費やし2017年10月すべての製品が完成し、翌年1月から販売を開始した。







2001年 株式会社フルートマスターズに入社。豊田桂一氏の元で研鑽を積む。
以降、ハンドメイドフルートを製作する日々を通して一職人としての役割と責任・フルートの外観に対する美意識やメカニズムに対する価値観等を学ぶ。
2015年 豊田桂一氏退任。それ以降、フルートマスターズにおける楽器作りの要として、その品質と価値観を守る。
2016年 楽器作りで身に付けた技術を使ってフルートに限らず、より多くの人に・より身近に・その心に寄り添えるような物を届けたいと言う想いから、ジュエリー工房あらけずりを開始。
2017年 フルートマスターズより、2代目プレミアム職人の称号を授かる(初代は豊田桂一氏。当時は社内で選ばれたたった1人のみがプレミアムモデルの製作を許されるポジション)。
フルートマスターズ25周年記念モデル鳳凰のNo.999とNo.1000の製作を担当。
2017年 株式会社フルートマスターズを退社。16年余りの在職中に製作したフルートは約300本(うちゴールドフルート28本/プラチナフルート1本)。
2017年 技術を信頼してくれるプレイヤーに乞われ、フルート専門のリペアを開始。
2018年 トヨダフルートの製作を開始。







全ては1本のフルートのために

ヤマハそしてフルートマスターズ。
一人で全ての工程を担当し1本の楽器を作り上げる作業形態の中で、心を込めてフルートを製作してまいりました。
その数は優に1600本を超えます。
少しでも良い物を、少しでも美しく。
そして答えの見えない「良い楽器とは」の問い。
その中でゴールの無い積み重ねの日々を歩み続けて45年。
ついにオリジナルブランドを立ち上げました。
しかし、この道にまだまだ終わりは見えません。
今居る場所は、現在の最終到達点であると同時にまだまだ道半ばなのです。
トヨダフルートは常に、今出来る最高の物を形にいたします。

製作者紹介


豊田桂一
ヤマハ株式会社において22年間フルート製作に従事、一人による完全製作というプランのため5人の製作スタッフの中に抜擢される。
研鑽を続ける中、ドイツA.A先生の推薦もあり同社ハンドメイド頭部管製作のすべてを担当することとなった。
その数2000本を超える製作本数となっています。楽器本体も退社するまでに1000本に届かないまでも多くのハンドメイドフルートを製作。
42歳で退社後、ともに活動してきた3人の技術者とフルートマスターズ設立 研鑽を重ねた技術をさらに鍛えながらハンドメイドフルート製作。
日本の著名なプレーヤーと係り、演奏者から見た楽器製作に対する考えを学ぶこととなり、製作者としてさらに引き上げてもらう。
併せて後進スタッフの指導を重ねてきたものの腱鞘炎の悪化に伴い、ヤマハ在職時と併せ45年の活動に終止符を打った。
退社後約半年たったころ腱鞘炎の回復が見られたことで新たに開業届を提出。
回復経過も含め、設備構築準備に約1年を要したが、頭部管の販売を開始。
胴体の製作準備にさらに1年を費やし2017年10月すべての製品が完成し、翌年1月から販売を開始した。




清水章智
2001年 株式会社フルートマスターズに入社。豊田桂一氏の元で研鑽を積む。
以降、ハンドメイドフルートを製作する日々を通して一職人としての役割と責任・フルートの外観に対する美意識やメカニズムに対する価値観等を学ぶ。
2015年 豊田桂一氏退任。それ以降、フルートマスターズにおける楽器作りの要として、その品質と価値観を守る。
2016年 楽器作りで身に付けた技術を使ってフルートに限らず、より多くの人に・より身近に・その心に寄り添えるような物を届けたいと言う想いから、ジュエリー工房あらけずりを開始。
2017年 フルートマスターズより、2代目プレミアム職人の称号を授かる(初代は豊田桂一氏。当時は社内で選ばれたたった1人のみがプレミアムモデルの製作を許されるポジション)。
フルートマスターズ25周年記念モデル鳳凰のNo.999とNo.1000の製作を担当。
2017年 株式会社フルートマスターズを退社。16年余りの在職中に製作したフルートは約300本(うちゴールドフルート28本/プラチナフルート1本)。
2017年 技術を信頼してくれるプレイヤーに乞われ、フルート専門のリペアを開始。
2018年 トヨダフルートの製作を開始。




Copyright (C) 2019 豊田フルート All Rights Reserved.